大家族・青木家の長女あざみと父親の関係がやばい…....現在になり女性セブンで衝撃告白(画像あり)

2017/05/27

テレビで放送された大家族の親子の関係がヤバイwwwwww

051c123f-s

1: 2017/05/24(水) 11:43:05.63 ID:YLo/AROA0

事件が起きたのはあざみさんが中学1年生の2学期だった。母親が突然、家を出ていったその直後のことだ。

「母親が家を出てってからすぐだった気がする。中1の秋ごろかな。いつものように同じ部屋に親父ときょうだいと寝てたんです。そしたら親父が突然のしかかってきた。何がなんだかわからなかったやっぱり男の力には勝てないじゃないですか。だから無理だなって、あきらめました。」

次の朝、家族みんな集まった食卓で、父はいつもと変わらず接してきたという。
「かわらない態度も怖かったです。それからは、ほぼ1日おきでした。自分が家にいるときはずっと続いていた。抵抗しても無理だとわかっていたから・・・」

そんな家が嫌で家出を繰り返したが、その度に父に連れ戻されたという。
「でも、酒癖が悪くて酒を飲むと何をされるかわからない。ケンカしてたばこの火を押し付けられたこともありました。灰皿を投げられたり、恋人ができたと知ってキレることもありました。それで19歳のとき、完全に家を出たんです」

それでも、父を恨みきれないという。現在、さまざまな思いが交錯しているという。
「愛情も受けてきたし、信頼もあるんですけど・・・。親父との行為を省くといい親父なんですけど、でもこの先かかわっていけるかと聞かれたらかかわっていけない。会いたくないです」

no title

青木家のあざみが父親との関係を「女性セブン」で告白
http://entameblog.seesaa.net/article/127120023.html
大家族の青木家とは、TBSの『激闘大家族』シリーズに2002年~2006年に登場した家族である。
失踪した母親の代わりに、父親と6人の兄弟の面倒を見る事になった長女・あざみ(1988年10月11日、埼玉県生まれ)が紹介され、家族みんなで母親探しをするという内容だった。2006年まで数回にわたって特番が放送された。母親は戻らず、あざみが16歳で妊娠するなど話題性に富んだことで高視聴率をマークした。
数あるバラエティ特番の中でも、各局が定期的に放送して20%以上の高視聴率を獲得している大家族番組。特に青木家が登場する『激闘大家族』シリーズ(TBS)は、母親が失踪中、長女・あざみさんが16歳で妊娠するなど、ショッキングな展開で反響を呼び、彼女の著書『まっすぐに。』(竹書房)は40万部のベストセラーに。しかし「番組はヤラセ」「本当はあざみは次女」など週刊各誌による疑惑やバッシング報道が過熱し、06年3月以降、青木家を映した番組は放送されていない。
img_0

wiki

-総 合

ページ: 1 2 3