ある意味すごいww カタカナのテストの不正解が天才的!これは叱れない…..ww

Cut2017_0402_2312_46

小学生の頃カタカナのテストってありますよね。

イラストが書いてあってその名前を書くもの。

今回そのテストでとんでもない間違いが話題に!

分からなくはないな…。

不正解した理由が…

Twitterに投稿されたあるツイートが話題になっています。

そのユーザーさんは、7歳と4歳の息子さんをもつお母さん。

この投稿は、長男の小学生男の子の失敗をあげたものでした。

ある日、学校でイラストに描かれている名前をカタカナで答えるテストが行われました。

長男くんは、スラスラと答えを書いていったのですが・・・

残念ながら1問だけ間違えてしまったのです。

おしい!
ドンマイですね。

当然名前は1つしかないので、答えも1つしかないのですが・・・

あぁ…。これは間違えてもしょうがないわ。
そう思わせるような回答だったのです。

どんなものだったと思いますか?

ヒントは・・・今や誰でも知ってるいる。世界中がそれに染まった。ということでしょうかね。

ちょっと考えてみてください〜w
ちなみに問題は、こちら。

ピコ太郎

不正解なのは、3ですね。
理由わかりました?笑

原因はピコ太郎?

ツイートされた文章は、

「完全にピコ太郎のせい」

実際の回答は・・・

テスト

・・・。
たしかにこれは、ピコ太郎のせいですね!笑

誰もが納得できるのではないでしょうか?

ネイティブだったら正解だったのかも…笑

ちなみに、回答用紙にうっすらパイナップルと書かれているのは、答え合わせの時に長男くんが間違いを消して正解を書いたのです。

その後に先生から、不正解はそのままで赤ペンで答えを書くように言われたためにあのようになったそうで。

最初は正解書いてたのに!?
なんて思いましたが、そういうい理由だったんですね!

納得です。

 

本当の間違い理由は違う?

長男くんのお母さんも、ピコ太郎の歌がちらついて間違えた。

そう思って、

「あー、これはピコ太郎のせいだよね」

そう話したそうです。

大人でさえもちょっと悩みそうですもんね。笑

しかし、長男くんからは予想外の返答が!?

「ちがうよ!アッポーとかんちがいしたの!」

ということらしいです。

・・・・・・。
うーん。

分かるような分からないような間違い理由ですね。

どのみち、アッポーもピコ太郎の歌から知ったのでは?と思ってしまったのですが違うんですかね??

謎が深まりました。笑
ピコ太郎

しかし、長男くんは「パイナップル」と「アップル」の違いはバッチリ!

英語が得意な大人になれるかも!?
子供って面白い間違いをするし、しかもその理由すらおかしかったりしますよね。

笑いをこらえつつ、温かく見守りたいものです。

-知恵袋