東京デ●ズニーランドの下水処理施設に乳児の遺・体を発見!園内で遺・棄された・・・

2017/03/18

千葉県浦安市舞浜にあるテーマパーク・東京ディズニーランドに併設されてある下水処理施設で、生まれたばかりの乳児の遺・体が発見されました。

東京ディズニーランドの下水に乳児の遺体・・

千葉県浦安市舞浜にあるテーマパーク・東京ディズニーランドに併設されてある下水処理施設で、生まれたばかりの乳児の遺体が発見されました。

この下水処理施設は、ディズニーランドの下水を処理しており、園内と従業員が使用するトイレなどの下水を処理しているそうです。

下水に乳児の遺体。園内で遺棄された可能性も

乳児の遺体が発見されたのは、16日午後1時10分頃、下水処理施設の1日1回の定期点検中に作業をしていた業者が見つけたそうです。

乳児の遺体を発見した業者は、東京ディズニーランドに連絡しその後、県警に通報したということです。

遺体の性別などは今のところ不明で、乳児は15~20センチほどの大きさだったそうで、生まれて間もない状態だと思われます。県警は、乳児が園内で遺棄された可能性もあるとみて捜査するとともに、遺体の身元や死因の特定を急いでいます。

ディズニーランドを運営するオリエンタルランドに話を聴いたところ、遺体が発見された下水処理施設は、園内と従業員が使用するトイレなどの下水を処理しているそうで、「原因特定に向けて捜査に協力します」とのことです。

ディズニーランド

夢の国として人気のテーマパークに乳児の遺体が発見されたとあって衝撃的な事件です。発見されたのは併設されている施設ですが、園内での遺棄の可能性もあるということで、遺棄した人物はディズニーランドにいた可能性もでてきます。

前日の点検作業では異常がなかったということなので、遺棄したのは15日の午後あたりから、16日の午前という可能性が高いと思います。

乳児の身元など、詳細が分かり次第更新していきたいと思います。

 

 

 

 

引用元:http://gatyapin.info

-知恵袋
-, ,