心筋梗塞が起こる1ヶ月前に出る前兆5選!⇒これ出たらすぐに病院に行け!!

2017/03/09

心筋梗塞になる1ヶ月前にみられる前兆症状5選! 

もしもあったら要注意です!

心筋梗塞になる1ヶ月前にみられる前兆症状5選!

日本人の死亡原因でがんに次ぐ第2位は心疾患。その中でも一番多いのが急性心筋梗塞になります。

心臓を動かす心筋に血液を供給する冠動脈が、動脈硬化や血管内に血栓ができて詰まってしまうことで心筋に血液が行かなくなった状態が心筋梗塞です。

急性心筋梗塞のうち14%は病院に搬送される前に心停止しており、異常があった場合に速やかに救急搬送することが一番重要です。

そして心筋梗塞には、前兆と言われるサインがあると言われています。

以下の5つのサインがある方は、注意してください!

■ 1.疲労感

出典:www.imishin.jp
特に理由もなく、寝不足が続いたりしていつも疲れている場合や、少し運動したり階段を上がるだけでも息が切れるなどは、心臓が負担に耐えられなくなっていることが考えられます。心臓が全身に必要な血液を送れなくなっている恐れがあります。

 

■ 2.虚弱体質

普段から身体のだるさを感じたり、風邪をひきやすくなっている場合などに注意が必要です。冠動脈に血液が十分供給されず、心臓のポンプ機能が弱り、身体の隅々に十分に血液が巡ってないことが考えられます。

■ 3.胸部の圧迫感・背中や左肩の痛み

出典:www.imishin.jp
心筋梗塞や狭心症で最もよく見られる前兆が胸の痛み・胸部の圧迫感です。「放散痛」と呼ばれる実際に痛むべき場所ではない別の場所が痛む場合もあります。背中や左肩の痛みは、脳が心臓の痛みを左肩の痛みと認識してしまうことで起こります。

 

■ 4.めまい・冷や汗

脳の酸素不足が原因でめまいが起きる場合があります。冷や汗は心臓発作の初期症状によく見られ、この症状が出た場合は先ず医師に診てもらうことが重要になります。

■ 5.動悸・息切れ

出典:www.imishin.jp

 

動悸・息切れは心臓が弱っている時に出る症状で、狭心症や心筋梗塞により心臓が十分な酸素を肺に供給できていないことが大きな原因の一つ。日常生活の中で軽い運動や動作をしただけでも起きる場合は、注意が必要です。

他にも「吐き気・嘔吐」や「左手小指のしびれ」なども前兆と言われています。これらかが複数出ている場合は特に注意してください。

高血圧や高脂血症の人はご注意ください!
ネットの反応

・タバコ吸ってる人は気をつけないとね
・ストレスも高血圧の原因になるんだよね
・ブラック企業で長時間労働して急性心筋梗塞になった人いたもんな
・メタボで高血圧だから気をつけてます・・・

高血圧と診断されている方は特に要注意です
生活習慣に気をつけてくださいね!

 

 

 

 

引用元:http://bazzoo.info/archives/58364?readmore

-知恵袋