松方弘樹さん(74)が脳リンパ腫でタヒ去・・・・・・・・・

2017/01/24

俳優の松方弘樹さんが21日、脳リンパ腫のため病院でタヒ去していたことが判明しました。
松方さんは昨年の2月に体調不良で入院していました。

松方弘樹さんが脳リンパ腫で死去していたことが判明

俳優の松方弘樹さんが21日、脳リンパ腫のため病院で死去していたことが判明しました。
松方さんは昨年の2月に体調不良で入院していました。

松方弘樹

松方弘樹
松方さんはドラマや映画、舞台などで活躍していた傍ら趣味の釣りでも有名で、300キロ以上のマグロを釣り上げるなど話題になっていました。
脳リンパ腫は長期療養になるため、一時芸能界から退いていましたがファンや願い叶わず亡くなってしまいました。

最終的には抗ガン剤治療を行っていましたが、その度に脳梗塞を起こすなど容体の悪化が懸念されており、こち氏に入ってからは一進一退の状況を続けていたそうです。

脳リンパ腫とは?

脳リンパ腫とは非常に珍しいガンで、日本では10万人に1人がかかる程度の病気です。
悪性リンパ腫の中でも脳や中枢神経に出来るもので、その多くは50歳以上の中高齢者です。

脳リンパ腫は外科手術では完全に取り除くことが出来ないため、放射線治療と化学療法が中心です。

5年生存確率は、治療法により異なりますが、大体1年~6年と言われています。

脳の深い部分に出来てしまうため完治するのは難しいとされていますが、可能性はゼロではないです。
ガンの中でも凶悪な脳リンパ腫。定期的な診断を心がけることが大事です。

 

 

 

引用元:http://gatyapin.info/

-総 合