iPhone8のコンセプト動画を発表!落下しても大丈夫な超強ボディとワイヤレス充電対応【動画】

2017/01/16

iPhone8のコンセプト動画から分かる新たな内容とは

2016年にiPhone7シリーズが発売されて話題になりましたが、6シリーズのマイナーチェンジに近いことから賛否両論がありました。
しかし実際は良好な売り上げだったことも判明し、未だiPhone市場は賑わっています。

そんな中、2年ほど前から度々噂されてきたiPhone10周年についての話です。
2017年はiPhoneが最初に発売されて10周年になる年です。

間違いなくAppleはiPhoneのフルモデルチェンジを行ってくるだろうと散々言われ続けてきたため、iPhone8(仮)に対して世界中から熱視線を浴びています。

フルモデルチェンジされる(だろう)iPhone8のコンセプト

iPhone8
iPhone8は今までの課題であったボディの剛性に力を入れているようです。
素材は軽くて強度が強く、電波に影響を及ぼさないとされている酸化ジルコニウムセラミックを採用(特許出願書類から明らかに)
しかし、セラミック素材を加工するのは難しいとされており、Appleがこれに着手するということは本気度が伺えます。

カラーバリエーションは現在の所ブラックとホワイトしか公開されていません。
iPhone8

画面は5.8インチの曲面有機ELを採用、さらにiPhone史上最薄の6.9㎜になるようです(iPhone7は7.1㎜)
最近、続々と採用されているベゼルレスタイプのディスプレイになっているので、ここに関しては扱いやすさ・剛性に対して賛否両論がありそうな点ではあります。
iPhone8

ホームボタンはiPhone7の時と同じようにディスプレイ下のベゼルに埋め込んであり、タッチ式になるようです。

ついにワイヤレス充電を採用

iPhone8
iPhone7で採用されるのでは?と言われてきたワイヤレス充電がついに採用されるようです。
iPhoneシリーズの充電ケーブルは被覆の破損などが多かったため、これは嬉しい機能です。

さらに、現在のスマホでは既にワイヤレス充電を採用しているものもありますが、どれも充電ドックの上に乗せるなどして充電する「半ワイヤレス充電」のようなものです。
しかしiPhone8は部屋のどこにいても充電が出来る遠距離ワイヤレス充電が採用されると言われています。
もしこれが本当ならば革命的であることは間違いありません。

あくまでもコンセプト動画なので、仕様変更は確実にあるでしょう。
10周年ということもあり、全く予想していなかった機能を搭載してくることも考えられるため期待して待ちましょう。

最後にコンセプト動画をご覧ください。

-知恵袋
-