「あら、あの人、女装よ」電車の中で女装の男性を見つけたおばさま達の反応

「あら、あの人、女装よ」

昼下がりの割と空いている電車の中で隣に座っていたおばさま二人組の小声が僕にまで聞こえた。おばさまというのは小声でも大きいのはなぜなんでしょうね。

彼女たちは、女装していた男性が降りていく様子を露骨に目で追いながら、「どうして、あぁなっちゃうのかしら?」と始まり、自分の子供がそうなったらという話になった。「考えられないわ」、「実は多いらしいわよ」と言いつつ、自由奔放な会話が繰り広げられていた。

「今は21世紀です。チケットをお持ちの方なら、我々の電車には誰もが大歓迎ですよ」

自分の前に座っている男性がスカートとストッキングをはいていると、イギリスの鉄道会社にツイッターで文句を言った人に対する会社側の答えが話題になったことを思い出した。

ggp_621_01

女装と一言で言っても、いろいろあり、性的思考としての女装もあれば、単なる変身願望の延長で女装する男性ということもある。実は変身願望の延長の女装は増えているそうだ。だから、女装バーだけではなく、女装グッズを収納しておく専用コインロッカーを設置しているマンションもあるのだろう。

「コスプレと一緒だよ」

女装してビジュアルバンドをやっていたバンドマンが、そう言っていたことがある。被服心理学の観点からすれば、コスプレする心理と共通していて特別な性癖ではないと主張する研究者もいる。女装にしろ、男装にしろ、異性の服を着る変身願望には男性や女性という役割からの解放という役割もあるらしい。もちろん、そこから自分の新たな性癖へと移行していく人もいるだろうが。

ggp_621_02

10年程前、原宿でワンピースを着て赤いランドセルを背負ったおじさまをよく見かけた。女装もさることながらランドセルというアイコンが強烈で周囲の日本人から奇異の目で見られていたが、小学生が背負うものという感覚がない外国人にとってはお洒落に見えたのだろう。やたら写真を撮られていた覚えがある。フランスのお洒落なパリジェンヌの中でランドセルが流行している話を聞く度に、彼のことを思い出す。実は、あのおじさまは日本文化の発信に一役買っていたのではなかろうか。日本で偏見の目にさらされていた装いが、世界に放たれ、熱狂的な支持を得るというのは、「KAWAII」をはじめ、珍しいことではない。

相変わらず、おばさま二人組は会話を続けていた。

「歌舞伎役者みたいだったらいいわよね。さっきの子ももう少し髭を剃っていればいいのよ」

「朝に剃ってそのまんまなんじゃないの?」

「そんなにすぐ濃くなっちゃうものなのかしら」

聞いているうちに笑いがこみ上げてきた。決して、おばちゃんたちは女装に対し、嫌悪感を持っていたわけではなかったのだ。逆に僕がおばちゃんに対して偏見を持っていました。

記:イシコ

shovel_logo

GLASS GEM POPCORN

社会の様々な多様性について考察し表現するLGBTメディア「glassgempopcorn.com(グラスジェムポップコーンドットコム、以下「GGP」)」は、LGBT向けダイバーシティ・コンテンツ・メディアです。GGPは、性の多様性を中心に、あらゆる物事の多様性について、あらゆる方向・角度から、あらゆる見方・考え方を表現する言論空間であり、色々な物事の“差異の両端”から光を当て “本質を照らす” メディアを目指しています。 ⇒http://www.glassgempopcorn.com/

 

 

 

 

 

 

引用元:http://grapee.jp/230379

-総 合